×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SPACE-U

 雑誌

言水ヘリオ

 非在の地は思いのほか身近にある。そこを離れているとき、
身体は反復運動を持続させ、人は朝夕を繰り返す。手の中で
様子が急変し、死に行く小鳥、その名を、温かさが冷たさへ
と、重さが軽さへと変化してもなお呼び続けていた日。何度
も何度も呼んでいた。小鳥の脚は痙攣し、止まり木をつかむ
はずの指が空をつかみやがて自らの存在を握りつぶした。ピ
ピピ ピピピ  ピピピ ピピピ  ピピピ ピピピ  ピ
ピピ ピピピ  ピピピ ピピピ  ピピピ ピピピ  ピ
ピピ ピピピ  ピピピ ピピピ  ピピピ ピピピ  ピ
ピピ ピピピ  ピピピ ピピピ  ピピピ ピピピ  ピ
ピピ ピピピ  ピピピ ピピピ  ピピピ ピピピ  ピ
ピピ ピピピ  ピピピ ピピピ  ピピピ ピピピ  ピ
ピピ ピピピ  ピピピ ピピピ  ピピピ ピピピ  ピ
ピピ ピピピ  ピピピ ピピピ  ピピピ ピピピ  ピ
ピピ ピピピ  ピピピ ピピピ  ピピピ ピピピ  ピ

 

 

意識のページへもどる  このページの先頭へ

SPACE-U HOMEへ

このホームページに関するご意見ご要望はこちら