×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SPACE-U

 

福本 浩子展

 

2006年5月14日(日)〜5月27日(土)
12:00〜22:00

 

※ 最終日に懇親会有り(有料 詳細お問い合わせ下さい)

 

 

 

------------------------------------------------------------

el Libro de Arena―砂の本・円環―

 el Libro de Arenaとは、ホルヘ=ルイス=ボルヘスの短編小説、短編小説集「砂の
本」からの引用である。
 砂の本とは、無限のページを持つ、一冊の本のことであり、同じページを二度見る
ことは決してないという。その本は、始めもなければ終わりもないことから「砂の
本」と呼ばれるようになったというのだが、一般的にも砂は無量・無数のメタファー
である。
 ボルヘスはまた、「円盤」という作品の中で、片面しか持たない、オーディンの円
盤という、モノを描いた。ボルヘスは、「円盤」と「砂の本」について、これらを
「ふたつの、逆の不可知の物体」と述べている。

 私は、この作品を、<円環を描く書>のイメージで制作した。
 作品には、実際の本を用い、それを砂利のように加工して、床に円環を描くように並
べた。そのことによって、本という「モノ」が、新たな「モノ」へと変えられること
になり、本というメディアが、新たな「情報」を持ち始める。
 「情報」は、ただ観念的なものにとどまらず、具体的なかたちや質感・量感を持
つ、「モノ」としても存在している。「本」という情報媒体を、モノとして変化させ
ることによって、その考えがより具体的になる。そして、この「場」において、それ
をより明確に表したいというのが、私の考えである。
 さらに、円環は、無限の象徴にふさわしい。
 ひとつの「モノ」からも、人は無限の「情報」を読み取ることが出来る。
 有限の「モノ」と、無限の「情報」。それらがどう関わっていくかを、この作品を通
じて、読み解いていただければ幸いである。

福本 浩子 
2006/5 SPACE-U 


展示

 

 

 

 

 

--
----------------------------------------------
福本 浩子 Hiroko Fukumoto
 marufuku@mbox.kyoto-inet.or.jp
 http://web.kyoto-inet.or.jp/people/marufuku/
----------------------------------------------

 

このページの先頭へ

SPACE-U HOMEへ

このホームページに関するご意見ご要望はこちら